VIPまとめ速報(・∀・)-2chまとめブログ-

タグ:目

1: なんJの皇帝 ◆KOTEI.UVbs 2013/06/15 13:47:08 ID:A/UFBl8y0
英?「デイリーメール」3月6日の報道によると、米国ノースカロライナ州出身のある女の子は生まれつきの目と鼻がない珍しい難病を抱いている。医者が彼女の頭骨の骨を利用し、面目を建て直す予定だ。

no title

no title

no title

no title

http://jp.xinhuanet.com/2013-06/05/c_132431687_6.htm
【【悲報】目と鼻の無い少女が可哀想と話題に】の続きを読む

1: なまコンφ ★ 2013/05/23 20:32:10
「震えが止まりません」……総選挙で大躍進のSKE48柴田阿弥、注目度が急上昇中

 22日に発表された、アイドルグループ・AKB48の「第5回AKB48選抜総選挙」開票速報では、NMB48やHKT48など支店グ
ループ所属のメンバーや若手メンバーのランク上昇が目立った。去年29位から11位となったSKE・須田亜香里、圏外か
ら27位となったAKB・入山杏奈など、大きく躍進したメンバーの中でも、最も急激に順位を伸ばしたのが、圏外から8
位となったSKE・柴田阿弥だ。

 23日に更新された、Yahoo!検索ワードの急上昇ランキングで、「柴田阿弥」の名前が5位に入った。検索されるほど
の知名度の低さは無理もない。SKEの正規メンバーとなった2010年から、柴田は一度もシングル選抜入りをしたことが
なく、これまでの選挙も圏外だった。自身の握手会の参加券を完売させる結果を残しているにも関わらず選抜に選ば
れない。アイドルからファンへ送られるメールサービス「モバメ」などで、「…なんか爆発力がないっていうか…」
と苦しい心情を吐露することもあった。

 総選挙に向けてアピールをする動画では「今年の総選挙ではランクインすることが私の目標」と語っていたが、速
報の結果は、圏内どころか8位の大快挙。Google+で「見た瞬間涙が溢れてきて過呼吸になりました。みなさんのおか
げです。震えが止まりません。今日まで辛いことも多かったけど一生懸命やってきて本当によかったと思いました」
と喜びを表し、「ここまできたらできるだけ高い順位で名前を呼ばれたい!(;_;) 絶対に絶対に日産スタジアムのス
テージに立ちたいです!みなさんの愛を無駄にしたくない!貪欲でごめんなさい。目指せシンデレラガール!」と更
なる意気込みを語った。
>>2以降へ)
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/rbbtoday_108316

柴田阿弥(20)
no title

no title

no title

no title
【AKB総選挙8位に大躍進した柴田阿弥ちゃんだが、目が怖すぎると他の意味で話題に】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22 10:01:00 ID:qOYq/VKC0
no title

見るに耐えなかった

【【画像/動画あり】フジ・加藤綾子アナの竹達彩奈と悠木碧を汚物を見るような目が話題に】の続きを読む

1: 結構きれいなもろきみφ ★ 2013/04/30 09:08:31
 妊婦は生肉や生ハムを食べない方がいい。妊娠中に、生肉などについている寄生虫「トキソプラズマ」に感染すると、胎児の
発達が遅れたり、脳神経系に障害が出たりすることがあるからだ。感染しても妊婦の症状自体は軽く、医師の危機意識が低い
ことも問題となっている。 (細川暁子)

 東京都豊島区の歯科医師、渡辺智美さん(32)は、妊娠中に寄生虫「トキソプラズマ」に感染した。生後、長女(2つ)の感染も
分かり、「先天性トキソプラズマ症」と診断された。長女は右半身に軽いまひがある。

 二〇一〇年夏、結婚三年目で待望の妊娠。順調に経過し、妊娠六カ月からは胎動もよく感じていた。ところが妊娠九カ月で
胎児に異常が見つかった。脳室が通常の二倍以上に拡大。母体の血液検査で感染が分かった。

 トキソプラズマは哺乳類と鳥類に感染する単細胞の寄生虫。肉眼では見えない大きさで、卵はネコ科動物の腸管の中でのみ
作られる。感染したネコのフンに触ったり、土いじりしたりすることで、人に感染するとされる。だが最近は、感染した動物の生肉
を食べて感染する危険性が指摘されている。

 岐阜県食肉衛生検査所の獣医師、松尾加代子さんが昨年調べたところ、食肉用の牛の6・5%、豚の5・2%がトキソプラズマ
の抗体検査で陽性だった。

 トキソプラズマは六五度以上で加熱しなければ死なない。表面が焼けた肉でも、中まで火が通らないと死滅していない危険性
がある。ただし、感染しても健康な人なら、自覚症状がないほど軽症。日本人の二~三割は感染し、抗体を持っているとされる。

 怖いのは免疫力が低下しがちな妊娠中の感染だ。胎盤から血液を介して母子感染する恐れがあり、流産や早産につながり
かねない。胎児の発育の遅れや、脳や目に障害が出ることもある。

 渡辺さんは妊娠四カ月の時、焼き肉店で好物のユッケやレバ刺しを食べた。その約二週間後にリンパ節が腫れたが、風邪だ
と思って病院に行かなかった。長女の生後一カ月に、三井記念病院(東京)で母子の血液から感染時期を調べたところ、生肉を
食べた時期と一致した。診察した産婦人科医で、トキソプラズマ研究の第一人者小島俊行さんによると、リンパ節の腫れは
感染後の典型的な症状。渡辺さんは生肉を食べて感染した可能性が高いという。

 小島さんの推計では、全国で年間約五百人が妊娠中に感染している。母子感染はそのうち三割で、障害児として生まれる子は
十人程度。出生時に異常がなくても、成長とともに視力障害が出るケースもある。小島さんは「食の欧米化で生ハムなどが普及し、
生肉への抵抗が薄れている。妊婦が生肉を食べる危険性は知られておらず、感染者が増える可能性がある」と懸念する。

◆低い産科医の危機意識

 トキソプラズマ感染では、産婦人科医の危機意識の低さも問題となっている。感染は血液の抗体検査で分かる。千円程度の
検査だが、全国の産婦人科の約半数では実施していない。渡辺さんが妊婦健診を受けていた産婦人科も、検査を実施して
いなかった。

 抗体検査で陽性なら、精密検査で感染時期を推定する。妊娠前なら問題ないが、妊娠中が疑われる場合には抗生物質を投与
して、母子感染を防ぐ。

 抗体検査を実施している練馬光が丘病院(東京)産婦人科顧問の長阪恒樹さんは「めったに症例がないので、検査をしなくても
いいだろうと考えている医師もいる」と指摘。「むしろ抗体検査で陰性だった妊婦にこそ、生肉を食べたり土いじりをしたりするリスク
を教えるべきだ」と訴える。

 渡辺さんも同じような悲しみを味わってほしくないと、昨年九月に患者会「トーチの会」を設立。啓発活動に力を入れている。

ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2013043002000141.html
【ユッケやレバ刺し食べた妊婦、寄生虫におかされて胎児の脳や目に障害残る(日本)】の続きを読む

このページのトップヘ