VIPまとめ速報(・∀・)-2chまとめブログ-

タグ:田中マー君

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/07/19(金) 11:20:06.73 ID:???0
ソースは
http://www.j-cast.com/2013/07/18179674.html?p=all

[1/2]
楽天・田中将大選手(24)の妻の里田まいさん(29)はかなり料理が上手いらしい。「そらマー君も無双できるわ、こんな嫁さんがいたら」「このレベルだとプロと同等か後一歩のレベルだろ」ネットでは、こんな絶賛の声が相次いでいる。

■栄養バランス、体調や食べる時間、タイミングを考えた献立
いったいどれほどのものなのか、里田さんのブログを見ると、確かにおいしそうな写真が。夕飯にはいつも7~8皿が並んでいるようで、いくつか献立をピックアップするとこんな感じだ。「ゴーヤチャンプルー、ホタテとニンニクの芽のおろしポン酢、野菜サラダ、カブの浅漬け、枝豆、もずく酢、ひじきときのことチーズの炊き込みご飯、具沢山お味噌汁」「鶏ムネ肉と豚肩ロース肉のマヨソース炒め、野菜サラダ、舞茸、椎茸、エリンギのホイル焼き、トマトとモッツァレラのデミグラスソースオーブン焼き、筍の煮物、オクラとお豆腐和え、胡瓜とワカメの酢の物、パイン、オレンジ」品数が多くて彩りもあり、プロ野球選手の夫のために栄養バランスに気を配っているのを感じられる。 

しかも、栄養バランスだけではなく、体調や食べる時間、タイミングにいたるまで考慮して
献立をつくっているそうだ。「お肉系が続いていたようなので、今日は食べ過ぎないあっさり控えめメニューにしました」「質問に旦那さんトマト苦手では?とありました。生では苦手ですが、焼いたり煮たりすると食べれるので、そうして食べてもらってます!でも、生で食べるのも身体のためには必要なので実は....時々....こっそり....日課のグリーンスムージーに少しだけ入れたりしています」「柑橘系や、りんご、梨などのフルーツを食前に食べると、コレステロールの吸収を抑制してくれる効果があるし身体への栄養素の吸収を考え食事の時の順番は、フルーツ→野菜→たんぱく質→炭水化物といった感じを心掛けています」とかなり本格的に栄養管理している様子が見てとれる。調理には1.5~2時間かけているという。

-続きます-

【【画像なし】里田まい「嫁として優秀すぎる」田中マー君支える手作り料理がネットで話題】の続きを読む

1: ときめきメモリアル(埼玉県) 2013/08/18(日) 21:03:19.25 ID:9b4w6E5LP BE:3029082375-PLT(12100) ポイント特典
たかみな マー君祝福!連勝は「ファースト・ラビット」から始まった

 不敗のエースの連勝街道はAKB48の曲で幕を開けた。田中がAKB48でイチ押しメンバー(推しメン)に挙げ、この日ナゴヤドームでコンサートを行った高橋みなみ総監督(22)が、スポニチ本紙に独占手記を寄せた。 
記録の重圧を克服して成し遂げた偉業に「田中投手はパイオニアです」と祝福。昨年8月26日の日本ハム戦(Kスタ宮城)でAKBの「ファースト・ラビット」を登場曲にしてもらい、連勝記録が始まったことを明かした。

 田中投手、本当におめでとうございます!

 連勝中の記事を拝見した中で「自分だけの力じゃない。皆さんの力」と話されていたのが、凄く印象的でした。物凄いプレッシャーだったと思いますが、皆さんの声援に応えて連勝街道を突き進んだ精神力。凄い努力をされたんだろうな、と思います。

 昨年末に初めてしっかりお話させていただく機会がありました。1メートル48・5の私と向かい合うと「巨人と子ども」のような印象(笑い)。本当に優しくてすてきで、しっかりした芯を持っている方だと感じました。

 連勝が始まった昨年8月26日。その試合で私たちの「ファースト・ラビット」を登場曲にしていただいたということを聞きました。

 この歌は開催中の5大ドームツアーで毎回歌っています。「傷つくこと 恐れはしない 何があっても 怯(ひる)まずに」という歌詞には「開拓心を忘れちゃいけない。自分の道を進んでいこうよ!」という強いメッセージが込められています。

 56年ぶりの日本新記録を達成した田中投手はパイオニアですよね。開拓しまくってます。もうウチらの曲じゃない。マー君の“ファースト・ラビット”になっているじゃないですか!
>>2以降へ)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/08/17/kiji/K20130817006432770.html

高橋みなみと田中将大
no title

【高橋みなみ「楽天・田中マー君の21連勝は、AKBを登場曲にしてから始まった。これが歌の力」】の続きを読む

このページのトップヘ