VIPまとめ速報(・∀・)-2chまとめブログ-

タグ:モテる

1: ギコ(埼玉県) 2013/06/17(月) 10:59:04.23 ID:24WQEWdgP
男はみんな巨乳好きなんじゃないの?というくらい、巷では胸の大きな女性がチヤホヤされますよね。グラビアアイドルだって、胸が小さな女の子はほとんどいないわけで。

やっぱり、胸の大きな方が良いのかなという疑問がわいてくるのですが、その問いに南ブルターニュ大学ニコラ・グーギャン氏が答えてくれています。
氏の研究によれば、やはり女性は胸が大きい方がモテるようです。その理由を、紹介します。

■胸が大きい方が、誘われやすい。

グーギャン氏の研究では、20歳から26歳の男性76名を対象にする実験と、18歳から26歳の男性30名を対象にする2つの実験が行われました。
実験に参加した女性は20歳で、身長167センチ、体重56キロ、BMIは20の平均的な外見の魅力の持ち主で、胸のサイズはAカップでした。

さて、実験ではこの女性にAカップのままの状態、ブラのなかにゴムを入れてBカップ、Cカップにした状態で行われました。

最初の男性76名を対象とする実験では、女性がナイトクラブにただ1時間座るだけで、ダンスフロアも男性の目も見ないという状況のなかで、男性の女性に対する反応が調べられました。
すると、男性が声をかけてきた回数が、Aカップのときは13回だったのに対し、Bカップでは19回、Cカップではなんと44回という結果になりました。

また、男性30名を対象とする実験では、同じ女性が同じ服を着て、バーに1時間座っていたところ、男性が声をかけてきた回数がAカップのときは5回だったのに対し、
Bカップでは9回、Cカップでは16回という結果になりました。

どうやら、胸が大きな女性ほどモテるというのは、事実のようです。また、胸のサイズもCカップになると声をかけられる回数が飛躍的に増えることから、
このあたりのサイズに男性をひきつける秘密がありそう。ただ、残念なことにCカップまでしか実験がされていないので、大きければ大きい方が良いのか、
もしくはどこかのサイズで急にモテなくなるのかというのが謎のままです。

いかがですか。胸のふくらみは男性にはない女性だけのもの。それだけに、男性をひきつける魅力になるのかもしれませんね。

ソース:マイナビウーマン
http://woman.mynavi.jp/article/130616-037/

※事情によりおっぱいおっぱいしてる画像は掲載できません
お手数ですが一個一個クリックしてみて下さい
グロはありませんので安心してクリックして下さいw
【【参考画像あり】おっぱいが大きい女性ほどモテる 研究で証明される】の続きを読む

1: なまコンφ ★ 2013/04/15 19:47:58
芹那:AKB48総選挙参加の元SDNメンバーにエール

元SDN48でタレントの芹那さんが15日、東京都内で行われた映画「リンカーン」(19日公開、スティーブン・スピルバー
グ監督)の公開直前イベントに登場。今年から立候補制が導入された「第5回AKB48選抜総選挙」に、元SDN48の浦野一美
さん、大堀恵さん、野呂佳代さんらが参加することについて、芹那さんは「元SDN48メンバーにはがんばってほしい」と
エールを送った。在籍年数が足りず、立候補権がなかった芹那さんは、「(元メンバーから)相談はあった?」と聞かれ
ると、「とくに耳に入ってこなかったですね」と話していた。(中略)

 劇中では、かんの強い妻と口論を繰り返す姿や、息子を南北戦争に行かせまいと説得を試みたり、心のよりどころを幼
い末の息子に求める弱い部分など、職務の際の力強さとは裏腹に、リンカーンの家庭人ぶりも描かれる。芹那さんは、「
リンカーンは理想の男性そのもの!とうっとりした表情で、「今後の好きなタイプは、リンカーンのような人を思い浮か
べていきたい」と宣言。また、白髪混じりの頭髪についても、「ロマンスグレーいい!意識したことなかったけど、この
年代の人いいなって思った!」と告白した。

 「男性から最もモテるタレント」と自身が言われていることについて、芹那さんは「私モテると思ったことない。でも
、モテモテって言われて、ラッキーって思ってる!」とニヤリ。お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さんからお忍びデー
トに誘われたことなどでも話題を集めた芹那さんだが、「今まで口説かれたって感じじゃなかった。モテ期がまだ!」と
キッパリと話していた。
http://mainichi.jp/mantan/news/20130415dyo00m200042000c.html
no title

no title

no title

【芸能界で最もモテる美女・芹那(27) 「私モテると思ったことない」】の続きを読む

このページのトップヘ