VIPまとめ速報(・∀・)-2chまとめブログ-

カテゴリ: 画像スレ

1: エメラルドフロウジョン(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 14:24:30.59 ID:Bw/7XCjJ0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kukkuru01.gif
金正恩氏、ヘアスタイルを一新 北朝鮮
http://www.cnn.co.jp/world/35060690.html
no title


(CNN) 北朝鮮の金正恩第1書記がヘアスタイルを刷新した。ボーイッシュなイメージだったこれまでの独特のヘアスタイルに代わって、
角刈り風のシビアなスタイルへと一新。眉毛も短くカットされていた。
新しいヘアスタイルは、金第1書記が1月に行った新年の演説で披露した。18日の朝鮮労働党中央委員会会議にもこのヘアスタイルで登場。
朝鮮中央通信によると、「権力の乱用、官僚主義、不正、腐敗に対し、党を挙げた撲滅運動を遂行しなければならない」とする決議を読み上げた。
この話題はソーシャルメディアでも注目を集め、短文投稿サイトのツイッターには「金正恩氏が新しい台形のヘアスタイルと小さな眉毛を披露」といった投稿が相次いだ。
英タレント、ジョーイ・エセックスの写真と金第1書記の写真を並べ、「ジョーイ・エセックスのヘアカットが北朝鮮に到達してとんでもないことになった」とコメントしたユーザーもいた。👀

【金正恩氏、ヘアスタイルを一新 北朝鮮】の続きを読む

1: エルボーバット(宮城県)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:52:44.08 ID:cSn9PBLA0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
早大、漫画「ブラック・ジャック」の人気キャラ「ピノコ」をロボットで再現

早稲田大学は2月20日、手塚治虫の名作「ブラック・ジャック」に登場するキャラクター「ピノコ」をロボットとして
再現したと発表した。

これは総合芸術集団「Human Art Theater」が同作品の舞台化に挑んだ「『漫劇!!手塚治虫 第一巻』~手塚治虫の
名作が舞台で蘇る!~」に同大学理工学術院の高西研究室(高西研)が協力したもの。

「ピノコ」は作中に登場する少女。双子の姉のコブの中で脳や手足、臓器などがバラバラに収まった状態で生きて
いるピノコを、天才的な腕をもつ無免許外科医のブラック・ジャックが手術で取り出し、身体を与えるエピソードで
登場する。

高西研はピノコを再現するため、各臓器や脚部、また胴体部から腕部を着脱できるように設計した。目にはCCD
カメラを搭載しているためピノコ視点の映像をプロジェクタで投影することもできる。全身で25個のモーターを使用
することで、愛らしい存在であるピノコの完全再現を試みた。

舞台では手術を施された直後、与えられた身体に戸惑いつつも、確かめるように首や手足を動かし、外の世界を
初めて見る様子を"演技"するという。

同舞台は2月18日~22日まで、池袋シアタグリーンBIG TREE THEATERにて上演されている。

http://news.mynavi.jp/news/2015/02/20/508/

★早稲田大のWebサイト 高西研、人気キャラ「ピノコ」をロボットで再現
http://www.waseda.jp/top/news/22348

no title

no title

no title

【(画像) 早稲田大、ブラック・ジャックの「ピノコ」を完全再現 初めての身体に戸惑う様子に感動】の続きを読む

1: サソリ固め(栃木県)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 12:24:24.10 ID:itXbvCNI0.net BE:886559449-PLT(21000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/8toushinnomonar32.gif
その名も「砂漠の芋虫」…「イスラム国」反撃にクルド人部隊が繰り出した“手作り戦車”

 過激組織「イスラム国」とシリアやイラクで戦っているクルド人部隊が、他国からの武器供与が
望めない中、ショベルカーなどを改造した手作りの戦車を使って地上戦を展開している。「砂漠の芋虫」と
呼ばれる戦車はさながら100年前の第一次大戦時の戦車を彷彿(ほうふつ)させるが、米国や有志連合の
空爆の効果が限定的とされる中、部隊は要衝を奪還するなど成果を挙げている。

クルド人部隊が開発した戦車は、正式には「特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)」という。
ショベルカーなどの建設機械を元に、寄せ集めの鉄板や装甲板を張り付け改造した。形はユーモラスだが、
7・62ミリ機関銃と20ミリ機関砲を備える立派な戦闘車両で、時速8~32キロで走るという。

 3両がくさび形陣形(パンツァーカイル)を組んで進む姿は迫力はあるものの、外観といい武装といい
第一次大戦時の戦車を彷彿させる。なぜこんな戦車を苦労して作ることとなったのか。

 十分な武装もないクルド人の民兵組織、人民防衛隊(YPG)と街に残された住民たちが立ち上がり、
攻防戦を展開したのだ。この陸戦に呼応する形で、有志連合もコバニ周辺のイスラム国拠点を空爆。
さらには国籍や政治信条を超えて周辺各国からクルド人兵士が集結したという。こうした戦闘のなかで、
クルド人部隊は独自の「戦車」を作り出した。

 動画サイト「YouTube」では、クルド人部隊が地雷や対戦車ロケット弾を用いてイスラム国の戦車
(冷戦期のソ連もしくは中国製)を破壊する映像が公開されている。しかし実は、その戦車を喉から
手が出るほど欲しがったのが他ならぬクルド人部隊で、他国からの供与がないため、ついに自分たちで作り上げた。

 それが「サンドクローラー」なのだ。ちなみにサンドクローラーとは映画「スターウオーズ」に登場する
架空の巨大な乗り物だが、外観はまさに名前通り。映像では実際に戦闘に投入され、1両が敵に
破壊された様子も映し出している。

no title

http://www.sankei.com/west/news/150210/wst1502100002-n3.html

【クルド人部隊、ショベルカーを改造した手作り戦車でISILを撃破 要衝の奪還にも成功】の続きを読む

このページのトップヘ